Sponsored Link

Top ツタヤレンタルDVD洋画名作 ;>イーサン・ホーク/生きてこそ

2007年07月15日

イーサン・ホーク/生きてこそ

イーサン・ホーク/生きてこそをツタヤレンタルTSUTAYAで見ました。
監督はステイィーブン・スピルバーグの盟友フランク・マーシャルです。

1972年の実在のお話です。
ウルグアイの学生ラグビーチームを乗せた飛行機がアンデス山脈で墜落し、遭難しました。33名が生きていましたが、数日後捜索は打ち切られてしまいました。絶望と飢餓に襲われた彼らは、仲間の死体を食べて生き延びたのです…。


cover
「生きてこそ」(出演: イーサン・ホーク, ビンセント・スパーノ 監督: フランク・マーシャル)


72日間も生き延びたんです。
夜間には零下40度にもなる中で。

最後まで生き残ったのは、16名の若者たち(男性だけ)でした。
南米アンデス山中で実際に起こった出来事です。


私も、生きるため、生き残るためには人肉も食べると思いました。

それは、以前にこの映画を見たときにもそう思いました。
そうまでしてでも、生き延びたいと思いました。
死にたくないからです。

そして離婚してシングルマザーになった今でも、
やはり何をしてでも生き残ろうと思います。
(殺人などは別ですが・・)

子どもが一緒なら、
子どもたちにも何でも食べさせます。

なんとしてでも、生き残るように。


緑の谷を見つけるまで、
雪山、また雪山の、超えても山、山、山・・・
をよく二人の若者は歩いたと思います。

この二人が決意して歩かなければ、
16人は助からなかったかもしれません。


生き延びるために、何を考え、どう行動するのか。

ネガティブなことを考えていては、助からない。
生き伸びることを前提に行動するしかないんだなと思いました。



主役のイーサン・ホーク(1970年11月6日生)は、
14歳のときに、映画『エクスプロラーズ』でデビューしましたが、
学業専念で一時中断、
カーネギーメロン大学やニューヨーク大学で学んだそうです。

1989年に『いまを生きる』で映画界に復帰しました。
その後、共演したロバート・ショーン・レナードと共に、劇団を結成しています。
1996年には小説『痛いほどきみが好きなのに』も出版しました。

2002年には、映画『トレーニングデイ』でアカデミー助演男優賞に初めてノミネートされました。
また、『恋人までの距離』の続編『ビフォア・サンセット』では、
共演のジュリー・デルピーと共に脚本も手がけ、オスカーにノミネートされました。



ちなみに、「生きてこそ」は、SFXを駆使した墜落場面、
カナダ西部の3000メートル級の山にロケした雪山シーン、
ロケ現場では空輸した何万トンもの雪で人工の雪崩まで起こしたそうです。



「ツタヤレンタルでDVD三昧」のトップページに戻る

posted by ツタヤレンタル at 14:07 | ツタヤレンタルDVD洋画名作
カテゴリ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。